đŸ–å­čąšãƒžãƒžã€äģŠæ—Ĩもčĩ°ã‚‹đŸ–

æŗĸ乱万丈ãĒä¸ģåŠĻぎæ—Ĩ常į”Ÿæ´ģã€œđŸˇ

「やめたいこと」

[http://blog.hatena.ne.jp/-/odai/8599973812276115211:title=ãŠéĄŒã€Œã‚„ã‚ãŸã„ã“ã¨ã€

いぞ、į§ãŒã‚„めたいäē‹!īŧ

もうすぐ娘が、å­Ļæ Ąã§čĻŗ察ぎためãĢéŖŧãŖãĻいる、ダãƒŗゴč™Ģを、夏äŧ‘ãŋぎためãĢ持ãŖãĻ帰ること。

į“ļぎ中ãĢå…ĨãŖãĻいるとはいえ、č™Ģはč™Ģ。

しかも、途中でčĩ¤ãĄã‚ƒã‚“ã‚’į”Ŗむことがあるとかâ€Ļ。

ãĒぜå­Ļæ ĄđŸĢぎ授æĨ­ã§ã€ãƒ€ãƒŗゴč™ĢãĒぎ?😨

『į”Ÿãį‰Šã¯å¤§äē‹ãĢしãĒさい』という教えはč§Ŗるâ€Ļ

だけお、ダãƒŗã‚´ãƒ ã‚ˇãŖãĻīŧīŧ

育ãĻるãĢ、値するもぎãĒぎかしら。

į§ãĢは到åē•į†č§ŖできãĒいđŸ˜ĩ

娘は、ダãƒŗゴč™ĢをéŖŧã„ãŸã„ã¨ã€ä¸ƒå¤•đŸŽ‹ãŽįŸ­å†ŠãĢぞでかくäŊå¤§åĨŊきらしい。

å­Ļæ Ąã§ã¯ã€įŒĢじゃらしぎようãĢ、毛įŗ¸ã§äŊœãŖたダãƒŗゴじゃらしであそんいるらしいâ€Ļ

はあ〜。

夏äŧ‘ãŋぎ毎æ—ĨぎおåŧåŊ“đŸąäŊœã‚‹ã‚ˆã‚Šã€ãƒ€ãƒŗゴč™Ģを持ãŖãĻ帰ãŖãĻくるäē‹ãŽæ–šãŒã‚¤ãƒ¤ã ã€œ!

æ—Ĩ帰り渊æŗ‰â™¨ã¸

台éĸ¨ä¸€éŽãŽäģŠæ—Ĩ。おäģ•äē‹ã¯ãŠäŧ‘ãŋだãŖたぎで、ä¸ģäēēと一æ­ģãĢæ—Ĩ帰り渊æŗ‰ã¸ã€œã€‚
とãĻã‚‚č’¸ã—æš‘ã„1æ—ĨだãŖãŸđŸ˜†

čģŠã§1時間半ãģお、ぎんãŗりゆられãĻâ€Ļ
ã‚‚ãĄã‚ã‚“ãƒ¯ã‚ŋã‚ˇã¯åžŒéƒ¨åē§å¸­æ•°ã§đŸ˜

時折、įœ ããĒりつつ到į€ã—ぞした。

駐čģŠå ´ãĢつくと、やはりåšŗæ—Ĩīŧ
čģŠã‚‚å°‘ãĒくナッキãƒŧだわâ€Ļ

旊速中ãĢå…Ĩりä¸ģäēēとおåˆĨれしãĻâ€Ļ

ぎんãŗりおéĸ¨å‘‚へ。


脱čĄŖå ´ãĢは、čŋ‘æ‰€ãŽãŠã°ãĄã‚ƒã‚“ã¨æ€ã‚ã‚Œã‚‹æ–šã€…ãŒ10äēēãģおâ€Ļ
éĸ¨å‘‚上がりãĢ、æļŧã‚“ã§ã‚‹ã‚ˆã†ã§ã€ãŠčŠąãĢč¯ãŒã•ã„ãĻた。

うるさいし、ã‚ĩツã‚ĩæœč„ąã„ã§å…ĨãŖãĻしぞおう!と慌ãĻãĻいると、垌ろから、おばさぞぎ一äēēãĢã€č‚Šã‚’ãƒˆãƒŗトãƒŗされâ€Ļ

銚き、振り向くとâ€Ļ。
ãĒんと、ã‚ŋã‚ĒãƒĢをčĸ‹ã‹ã‚‰ã ã—た際ãĢ下į€ã‚’čŊとしãĻしぞãŖたようで、おばさぞはčĻĒ切ãĢ教えãĻãã‚ŒãŸãŽã§ã—ãŸđŸ˜€

ã‚ã‚‰ã€å¤ąį¤ŧしぞした!と
思いつつâ€Ļ

æĨずかしさで逃げるようãĢæĩ´åŽ¤ã¸ã€‚

å›ŖäŊ“ぎおばさぞ斚がいãĒくãĒãŖた
あとで、čĒ°ã‚‚いãĒくãĻ、思わãŦč˛¸ã—åˆ‡ã‚ŠįŠļ態でした。

ãã“ã¯ã€ã‚ˇãƒŖãƒŗプãƒŧ、トãƒĒãƒŧãƒˆãƒĄãƒŗトをはじめとしãĻã‚ĸãƒĄãƒ‹ãƒ†ã‚Ŗが充原しãĻãĻâ€Ļ

いつも、周りでチョã‚ŗチョã‚ŗしãĻる娘も、å­Ļæ Ąã§ã„ãĒいし、母は一äēēぎんãŗりâ€Ļ

角čŗĒを削ãŖãŸã‚Šã€ã‚ˇãƒŖãƒŗプãƒŧ、äŊŋい比ずãĻãŋたりâ€Ļ
ã‚ĒãƒĒジナãƒĢã§éĄ”ãƒžãƒƒã‚ĩãƒŧジしãĻãŋたりしãĻ。


ã‚ĩã‚ĻナもäŊĩč¨­ã•ã‚ŒãĻいたぎで、数嚴ãļりãĢå…ĨãŖãĻãŋることãĢ。

į ‚æ™‚č¨ˆãŽäē”åˆ†č¨ˆâŒ›ã‚’äŊŋãŖãĻ、ãĒんとかäē”分â€Ļ。

䚅しãļりぎã‚ĩã‚ĻナãĢã€æą—ãƒ€ã‚¯ãĢãĒりäē”分でゎブã‚ĸップđŸ˜Ŗ

éœ˛å¤Šéĸ¨å‘‚へį§ģ動し、ぎんãŗりčļŗæĩ´ã—ãĒがら、青įŠēをčĻ‹ä¸Šã’ãĻぞした。

そぎ間、ずãƒŧãŖと、一äēēã§đŸ˜

č˛¸ã—åˆ‡ã‚ŠįŠļ態ぎおéĸ¨å‘‚ã¯ã€č´…æ˛ĸだãŖたãĒあâ€Ļ

1時間ãģおįĩŒéŽã—た時、おはあさぞが、いらしたぎで
、そろそろ上がるかとã‚Ēフロを垌ãĢã—ãžã—ãŸđŸ˜Š

äŧ‘憊所で、少しã‚Ļトã‚Ļトおæ˜ŧ寝をし、マッã‚ĩãƒŧジチェã‚ĸでãƒĒフãƒŦãƒƒã‚ˇãƒĨã—ãŸã‚‰ã€ãã‚ãã‚ãŠã‹ãˆã‚ŠãŽæ™‚é–“đŸˇ

帰りãĢã€ä¸€é€ąé–“åˆ†ãŽå¤•éŖ¯ãŽč˛ˇã„į‰Šã‚’しãĻ、娘をおčŋŽãˆãĢ行ãŖãĻ😁


あãƒŧあ、厉くはあãŖという間ãĢįĩ‚わりだãĒあâ€Ļ

čĒ­ã‚“でいただき、ありがとうございぞした。

čƒŽå†…č¨˜æ†ļ

į§ãŸãĄãŒį”Ÿãžã‚ŒãĻきたį†į”ą

čƒŽå†…č¨˜æ†ļã‚’æŒã¤å­ãŠã‚‚ãŸãĄãŽã‚¤ãƒŗã‚ŋビãƒĨãƒŧでįļ´ã‚‰ã‚ŒãŸæ˜ į”ģ「かãŋさぞとぎやくそく」をčĻŗぞした。į”ŖåŠĻäēēį§‘åŒģãŽæą åˇæ˜Žå…ˆį”Ÿä¸­éƒ¨å¤§å­Ļぎ大門æ­Ŗ嚸教授ãĢよる、į”Ÿãžã‚Œã‚‹å‰ãŽč¨˜æ†ļã‚’æŒã¤å­ãŠã‚‚ãŸãĄã¸ãŽčžãå–ã‚ŠčĒŋæŸģを通しãĻ、母と子ぎįĩ†ã€į”Ÿãã‚‹ã¨ã„うことãĢついãĻč€ƒãˆã‚‹ããŖかけを与えãĻくれるドキãƒĨãƒĄãƒŗã‚ŋãƒĒãƒŧäŊœå“ã§ã™ã€‚

「į”Ÿãžã‚Œã‚‹å‰ã¯ãŠã“ãĢいたぎīŧŸã€

こぎčŗĒ問ãĢã€čƒŽå†…č¨˜æ†ļã‚’æŒã¤å­ãŠã‚‚ãŸãĄå…¨å“ĄãŒåŒã˜ã‚ˆã†ãĢį­”えぞす。

「おįŠēぎ上ãĢいãĻ、テãƒŦビãŋたいãĒもぎãĢ映ãŖたママをčĻ‹ãĻ、こぎママがいいīŧã¨æ€ãŖãĻ、æģ‘り台ãĢぎãŖãĻãƒžãƒžãŽã¨ã“ã‚ã¸čĄŒãŖたぎ」

おįŠēぎ上ãĢã€å­ãŠã‚‚ãŸãĄãŽãģかãĢčĒ°ã‹ã„たぎīŧŸã€€ã¨ã„うčŗĒ問ãĢはこうį­”えãĻいぞす。

「うん、かãŋさぞがいたよ」

かãŋさぞはおんãĒå§ŋをしãĻるぎīŧŸ

「大äģãŋたいãĒ感じ」

かãŋさぞは大äģãŽã‚ˆã†ãĒå§ŋをしãĻいたâ€Ļâ€Ļ銚くずきことãĢå­ãŠã‚‚ãŸãĄã¯åŒã˜ã‚¤ãƒĄãƒŧã‚¸ã‚’å…ąæœ‰ã—ãĻいるぎです。C.ãƒĻãƒŗグぎいうところぎ集合į„Ąæ„č­˜ã¨ã„うことでčĒŦ明できるぎかもしれぞせんが、それãĢしãĻã‚‚čˆˆå‘ŗæˇąã„ã‚¤ãƒĄãƒŧジです。

čƒŽå†…č¨˜æ†ļãĢついãĻ、娘が三æ­ŗぎ頃ãĢ同じčŗĒ問をしたことがありぞす。

ã€Œé›˛ãŽä¸Šã‹ã‚‰ä¸‹ã‚’čĻ‹ãĻいたらママをčĻ‹ã¤ã‘ãĻ、ママがいたãƒŧīŧã¨æ€ãŖãĻãŠč…šãĢå…ĨãŖたぎ。äģ–ãĢもママぎ子おもãĢį”Ÿãžã‚ŒãŸã„å­ãŸãĄãŒãŸãã•ã‚“ä¸Ļんでいたけお、į§ãŒä¸€į•ĒãĢãĒらんだぎ」

娘は、čŋˇã„ãĒく、あたりぞえぎようãĢčŠąã—ãĻくれぞした。こぎようãĒ記æ†ļを持つ子おもはį‰šåˆĨãĒぎではãĒく、三、四æ­ŗãžã§ã¯å¤šããŽå­ãŠã‚‚ãŸãĄãŒč¨˜æ†ļしãĻã„ã‚‹ã¨ã„ã†čŠąã‚’čžã„ãŸã“ã¨ãŒã‚ã‚Šãžã™ã€‚å¤§ãããĒるãĢつれį¤žäŧšæ€§ãŒéĢ˜ãžãŖãĻãã‚‹ã¨ã€ããŽč¨˜æ†ļが遠ぎいãĻいくそうです。ただčŗĒ問しãĒかãŖãŸã‹ã‚‰ã€å­ãŠã‚‚ãŸãĄã¯į­”えãĒかãŖただけãĒぎかもしれぞせん。

å­ãŠã‚‚ãŸãĄã¯čĻĒを選んでį”Ÿãžã‚ŒãĻくる。ではãĒぜそぎママを選んだぎかīŧŸã€€ã¨ã„う問いãĢã€å­ãŠã‚‚ãŸãĄã¯ãŋんãĒこうį­”えぞす。

「ママを嚸せãĢするためãĢ」

さãĻã€å­ãŠã‚‚ãŸãĄãŽã“ã‚Œã‚‰ãŽč¨€č‘‰ã‚’ã€å¤§äēēであるį§ãŸãĄã¯ãŠã†æ‰ãˆãĻいきぞしょうか。

æą åˇå…ˆį”Ÿã¯ã€ã€Œã“れがæœŦåŊ“かおうかとį§‘å­Ļでč¨ŧ明できãĒいかもしれãĒã„ã€‚ã§ã‚‚ãã†č¨€ãŖãĻã„ã‚‹å­ãŠã‚‚ãŸãĄãŒã„ã‚‹ãŽã ã‹ã‚‰ã€ãã‚Œã¯ãã‚Œã§å—ã‘å…ĨれãĻいいぎではãĒã„ã‹ã€ã¨č¨€ã„ãžã™ã€‚

å­ãŠã‚‚ãŸãĄãŒčĻĒを選んでį”Ÿãžã‚Œãã‚‹ã€‚ただåļį„ļãĢå‡ēäŧšãŖたぎではãĒく、čĻ‹ãˆãĒい世į•Œã§ãĄã‚ƒã‚“とį´„束をしãĻå‡ēäŧšãŖãĻいる。į”Ÿãžã‚Œã‚‹å‰ã‹ã‚‰ã€æ„›ãĢよãŖãĻつãĒがãŖãĻいたぎです。

į§ãŸãĄã‚‚č‡Ē分ぎčĻĒを選んでį”Ÿãžã‚ŒãĻきたぎです。そうäŋĄã˜ã‚‹ãĢはåŽŗしいåŽļåē­į’°åĸƒãĢあるäēēもいるし、čĻĒを受けå…ĨれられãĒいäēēもいるでしょう。でも、「č‡Ē分で選んでį”Ÿãžã‚ŒãĻきたぎだ」と思えたら、äēēį”ŸãŽã™ãšãĻがč‡Ēåˆ†ãŽæˆé•ˇãŽå­ĻãŗぎためãĢあãŖたと思えるかもしれぞせん。äēēį”ŸãŽã‚ˇãƒŠãƒĒã‚Ēはį§ãŸãĄãŒæ›¸ã„ãĻいる。だから受けå…Ĩれ、䚗りčļŠãˆãĻ、チãƒŖãƒŦãƒŗジする。äēēį”Ÿã¯æ™‚ãĢåŽŗしいです。でも、そぎåŽŗしさぎ中ãĢある恊æĩãĢ気ãĨくことができたら、į”Ÿãæ–šãŒå¤‰ã‚ã‚‹ãŽã§ã¯ãĒいでしょうか。

[文ãƒģ構成īŧå‰å…ƒį”ąįžŽ]



こぎ文書ãĢ感動しãĻâ€Ļ

我がåŽļぎ娘ãĢäŊ•æ°—ãĒãčžã„ãĻčĻ‹ãŸã‚‰â€Ļ😨

『į”Ŗぞれる前はおこãĢいたぎ?』

ãĒんとすぐãĢčŋ”ãŖãĻæĨたį­”えはâ€Ļ。

『えãŖ、大é˜Ē〜』

あぞりãĢ、äēˆæƒŗもしãĒかãŖたį­”え。
į§ã‚‚パパもįŦ‘うしかãĒかãŖãŸđŸ˜€


感動įš„ãĒį­”ãˆã‚’æą‚ã‚ãĻいたč¨ŗではãĒいけれおâ€Ļ

おい、娘よ!

ãĒぜ大é˜ĒīŧŸ

å›ã¯äšåˇžã§į”Ŗぞれ、三æ­ŗã§æąäēŦãĢやãŖãĻããŸđŸ˜Š

大é˜ĒãĒんãĻã€čĄŒãŖたäē‹ã‚‚ãĒいだろãƒŧãĢ😇

前世はé–ĸčĨŋäēēãĒぎかãĒあâ€Ļ

ãŗãŖくりしたãĒ😁

向æ—Ĩč‘ĩ

åŧ•ãįļšãã€å‘æ—Ĩč‘ĩį™ēčĻ‹đŸ’Ž

čģŠã§ã¯ã€ä¸­ã€…、気がäģ˜ã‹ãĒかãŖた道も、
歊いãĻã‚‹ã¨č‰˛ã‚“ãĒį™ēčĻ‹ã§ãã‚‹



f:id:KOBUTAMAMA:20170702124625j:plain


ãĄãŖãĄã‚ƒã„ãŽã‚‚đŸ˜





f:id:KOBUTAMAMA:20170702124707j:plain

į´Ģé™Ŋ花

äģŠæ—Ĩ、娘とおæ•Ŗ歊しãĒがらæœŦåą‹ã•ã‚“ã¸ã§ã‹ã‘ãžã—ãŸã€‚
čģŠđŸš—ãĒらäē”åˆ†ãŽčˇé›ĸâ€Ļ

娘、č‡ĒčģĸčģŠđŸš˛
į§ã€æ­Šãã ã¨â€Ļ

ã„ã¤ã‚‚ãŽčˇé›ĸがかãĒã‚Šé ã„đŸ˜†

č’¸ã—æš‘ã„ã—ã€ã„ã„ãƒ€ã‚¤ã‚¨ãƒƒãƒˆãĢãĒるかãĒあâ€Ļ

そんãĒ道ぎりでčĻ‹ã¤ã‘たį´Ģé™Ŋ花🍀



f:id:KOBUTAMAMA:20170702115821j:plain

とãĻもきれいãĒčŠąã§ã—ãŸã€‚





f:id:KOBUTAMAMA:20170702115831j:plain





f:id:KOBUTAMAMA:20170702115842j:plain

更嚴期?

最čŋ‘、更嚴期ãĒぎかãĒあと思う毎æ—Ĩâ€Ļ。

äŊ•æ°—ãĒいäē‹ãĢイナイナし、â€Ļ
äģ•äē‹ã‚’するãĢ寞しãĻもやる気ãĒしâ€Ļ。

厚期įš„ãĢやãŖãĻくる5月į—…もおさぞらãĒいしâ€Ļ。

äģĨ前ぎį§ãŽã‚šãƒˆãƒŦッチč§Ŗæļˆã¯â€Ļ

寝るäē‹ã ãŖãŸđŸ˜

įĄįœ ã‚’とれば、あるį¨‹åēĻぎイナイナも、゚ッとæļˆãˆãĻぞた頑åŧĩれたぎãĢãĒあ。

最čŋ‘は、寝ãĻも、途中でį›ŽãŒå†ˇã‚ãĄã‚ƒã†ã—ã€é•ˇã„æ™‚é–“å¯ã‚ŒãĒくãĻâ€Ļ


加éŊĸとともãĢ、čēĢäŊ“ãŒč¨€ã†ã“ã¨ãã‹ãĒくãĒãŖãĻきãĻしぞãŖãŸđŸ˜†

チãƒŖッテã‚Ŗãƒŧ

į§ã¯ã€ã“ãĒいだ地元ぎį”ŖæĨ­įĨ­ã§ã€ãŸãžãŸãžé€šã‚ŠãŒã‹ã‚ŠãŽãƒ–ãƒŧ゚ぎäēēãĢ、å‘ŧãŗæ­ĸめられ、チãƒŖッテã‚ŖãƒŧをįŸĨã‚Šãžã—ãŸđŸ˜Š

エã‚ŗイベãƒŗトだãŖたぎで、
お水とチãƒŖッテã‚Ŗを、ただでいただき、
しかもそぎ場でおčŒļãŽč‘‰ã‚’į”¨æ„ã—ãĻくれãĻいたからâ€Ļ

とãĻも暑かãŖたį§ãĢは、åĨ‡čˇĄįš„ãĒå‡ēæĨäē‹â€Ļ😍

http://onoen.jp/cya_tea/


ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã€įžŽå‘ŗしくいただき、č‡Ē厅ãĢ帰ãŖãĻからも
毎æ—ĨäŊŋį”¨ã—ãĻぞす。

į´…čŒļも水å‡ēしį”¨ã§čŠĻã—ãŸã‘ãŠã€ã„ãžã„ãĄå‡ēがæ‚Ēく、
įˇ‘čŒļぎ水å‡ēしį”¨ãĢčŊãĄį€ããžã—た。

éēĻčŒļよりも、æ—ĨæœŦ🗾ãŖãĻæ„Ÿã˜ãŒã™ã‚‹ã—đŸ˜đŸ˜

éƒŊåēĻ、フãƒĒフãƒĒするから、éĸ¨å‘ŗもæļˆãˆãĒã„ã—đŸ˜‹

åŋœį”¨ã ã¨ã€ãƒĒキãƒĨãƒŧãƒĢやドãƒŦãƒƒã‚ˇãƒŗグもäŊœã‚Œã‚‹ã¨ã‹đŸ–

äģŠåēĻ、čŠĻしãĻãŋよãƒŧかãĒ😊


čĒ­ã‚“でいただき、ありがとうございぞす!